Home » 低酸素トレーニング(人工高地トレーニング)

低酸素トレーニング(人工高地トレーニング)

高地トレーニング

ラマ接骨院では低酸素トレーニング装置を導入しました。

低酸素トレーニングマシン

低酸素トレーニングは人工高地トレーニングとも言えるものでアマチュアからトップアスリート、ダイエット目的の方など多くの方に対応できるものです。

ラマ接骨院では提携するモテるジムで多くの選手を育ててきた中で女子ボクシング世界大会出場の箕輪綾子選手をはじめトップアスリートを中心に機械を使用してきた中で使用することによる優位性というのも臨床的にデータも取ってきました。

難しい話はこの辺にして実際にどのようなことが期待できるのか下記に書いていきます。

1 スタミナアップ(ヘモグロビンアップによる)
2 回復力
3 高血圧の改善
4 ストレス緩和、疲労回復
5 脂肪燃焼アップ(ダイエット、減量)
6 免疫力アップ
7 HSP(ヒートショックプロテインのアップ)
上記以外にもオススメする理由があります。
まずは体験されて実感されてみるのが一番だと思います(*^^)v

箕輪綾子選手のお話

箕輪綾子選手

ラマ接骨院院長に薦められて低酸素トレーニングを始めました。
脱臼後のトレーニングだったので早く復帰するためにも新しいトレーニングを求めていました。

スピンバイクと低酸素トレーニングを組み合わせて効率的にスタミナとラッシュ力を鍛えた結果アジア選手権で3位に入ることが出来ました。

また今回の世界大会ではライト級に挑戦し相手にも全くパワー負けするような感じがしないくらいパワーがついたと思います。

格闘技はもちろんですがマラソン選手や短距離走、自転車競技、バスケ、サッカー水泳などのトップアスリートが実践しているということなので多くのアマチュア選手にもオススメしたいですね(^^)v