Home » PPCT、VRC(加圧トレーニング様)トレーニング

PPCT、VRC(加圧トレーニング様)トレーニング

PPCT、VRC(加圧トレーニング様)トレーニング

栃木県宇都宮市のダイエット専門ラマ接骨院ではVRC(加圧トレーニング様)トレーニングを導入しました。

最近では栃木県で初導入のPPCTトレーニングを始めました。

PPCT、VRC(加圧トレーニング様)トレーニングは血流制限をすることにより成長ホルモンを多く出せることが出来る利点があります。

PPCTトレーニングの利点

1 耐乳酸性が通常の血流制限トレーニングよりも素早く出来る

2 多連カフを使用することにより筋肉を低酸素状態にすることが出来る為すぐに速筋を使用するトレーニングに変わることが出来ることから怪我のリハビリ期間はもちろんシニア、トップアスリートを含めたアスリートにも最適なトレーニング

3 耐乳酸性と速筋を同時に鍛えることが出来る為スタミナ系競技、瞬発系競技の両方に良い影響が出る

4 筋肉が不足して歩けなかったシニアが短期間で歩けるようになったとの事例が名古屋の自費診療の整形で多数ある
など多くのものがあります。
以下はVRC,PPCT共通の利点です。

血流制限トレーニングの利点

1 筋肥大、筋力増加

2 呼吸循環機能の向上

3 生理活性物質の分泌
・成長ホルモン(GH)、インシュリン様GF(IGF-1)
・血管生成GF(VEGF)(血管内皮を強くするたんぱく質)
・筋肉からのマイオカイン(筋肉から出る若返りホルモン)

4 血管内皮細胞の弾力性向上

なぜ筋肥大するのか?

・筋サテライト細胞(筋繊維の核)の活性
筋細胞が損傷(強い刺激)を受けるとサテライト細胞が活性化し、細胞分裂や修復を進め筋繊維としてそだ
っていくことがわかっている。

・多能細胞
筋質間に存在する様々なものに分化出来る細胞(ES細胞)
この2つが筋肥大に関わっている。

筋肥大の為の成長因子

・HGH、IGF-1、IL-6(サイトカインの一つで細胞の増殖、分化、成熟に関与するたんぱく質)

・ミオスタチンの減少
ミオスタチンは筋肉内にある筋肉増殖抑制因子

・フォスタチンの増加
フォスタチンは筋肉内にある筋肉増殖促進因子

IGF-1(インスリン様成長因子)とは?

インスリンと配列が似たたんぱく質で成長ホルモンの刺激されると分泌される。

肝臓から分泌され、各臓器のたんぱく合成、細胞の増殖促進がされる。

・骨格筋→筋肉肥大、筋力増強

・心筋→心機能の改善、心疾患患者のリハビリに有効

・骨端軟骨→軟骨基質コラーゲン、コンドロイチン硫酸の産生、増加

・脂肪組織→脂肪酸に変えて燃焼(体脂肪の低下)

VEGF(血管内皮細胞増殖因子)

細胞や組織が低酸素状態になるとVEGFが分泌され、血管の形成を促すたんぱく質。
分泌により血管の新生促進

・冠状動脈(心臓の栄養血管)の血管新生により心筋梗塞の改善

・閉塞性動脈硬化症 治療に使われた実績があり

・血管弾力性の増加により高血圧の改善

成長ホルモンの効果

1 総コレステロールと中性脂肪の著しい低下

2 筋肉の強度と量、運動持久力の向上

3 体脂肪の低下

4 性的能力と頻度向上

5 エネルギーレベルの上昇

6 生活態度の改善

7 一般的病気に対する抵抗力の増大

8 皮膚の弾力性の増大

9 情緒安定性の向上

10 記憶力の向上

など様々ございます。
加圧ボディメイキングトレーニング

多くのトップアスリートも実践しているこのトレーニングを体感してみませんか?