Home » 予防医学 » ファスティングは動体視力向上にも 体幹トレーニング専門施設ラマ接骨院(整骨院)

ファスティングは動体視力向上にも 体幹トレーニング専門施設ラマ接骨院(整骨院)

カテゴリー : 予防医学(2013.11.2)

ラマ接骨院のブログでも何回も登場している断食(ファスティング)は
動体視力をあげるにも実は効果的!!

動体視力は視神経の働きと密接に関わっていますが、この命令が
どれだけ素早く情報伝達出来るかが「肝」なのです。
どういうことかという情報伝達は電気を通じて行われます。
そこで脂肪が細胞の周りについていると伝達が阻害されます。
それをファスティングにより脂肪を落とすと情報伝達が円滑になり
動体視力を上げることが出来るという仕組みです。

実際プロ野球の落合監督は現役時代に実践していたことで43歳で
21本のホームランも打っています。
ファスティングをするまで動体視力が落ちて成績が低迷し始めた
時期があったみたいです。
現役のプロ球を打てる動体視力を復活させるのにファスティングを
用いたということからもコンディショニングにファスティングは有効である、
動体視力にも有効であることが分かります。
ラマ接骨院院長も6日間のファスティングやって分かるのですが、脳からの指令以前よりスムーズになったのではないかと体感的には思います(笑)

comment closed