Home » 予防医学 » 消化酵素 コラーゲン摂取なんて意味がない

消化酵素 コラーゲン摂取なんて意味がない

カテゴリー : 予防医学(2013.6.25)

今回は消化酵素です。
唾液に含まれるアミラーゼはデンプン(多糖)
胃液にペプシン(ペプシノーゲン)はたんぱく質
小腸上皮細胞は
エレプシン(アミノペプチターゼ)はペプチド
ラクターゼはラクトース(乳糖)
スクラーゼはスクロース(ショ糖)
グルコシダーゼ(マルターゼ)はマルトース(麦芽糖)
リパーゼは脂質
膵液は
アミラーゼ(アミロプシン)はデンプン
トリプシン(トリプシノーゲン)はたんぱく質
キモトリプシンはたんぱく質
カルボキシペプシターゼはたんぱく質
リパーゼ(ステアプシン)は脂質
グルコシダーゼ(マルターゼ)はマルトース(麦芽糖)といったように消化する物質により酵素は異なります。
当然若いときには合成も上手くいく酵素ですが、一生のうちに作られる量は決まっていて年を重ねるごとに減っていきます。
そこで食物や酵素飲料から補給するというわけですね。
ラマ接骨院では宇都宮市で活躍するスポーツ選手にも酵素の補給などを推奨しています。

comment closed