Home » 予防医学 » 本当は怖い添加物41 ピロ亜硫酸ナトリウム

本当は怖い添加物41 ピロ亜硫酸ナトリウム

カテゴリー : 予防医学(2014.7.4)

ピロ亜硫酸ナトリウム

今回はピロ亜硫酸ナトリウムです。
ワインなどの酸化防止剤として使われています。
これには酵母の作用で発酵が進み過ぎないようにすることにより酸化を防いで品質を守るわけです。
その他ドライフルーツや甘納豆などの色を良くするために漂白剤としても使われます。
問題はビタミンB1を阻害する危険性があるということです。
ビタミンB1には糖代謝やアミノ酸などに関わります。
人を成長させるにはタンパク質が必要です。
つまり成長に関わるわけです。
これはとんでもないことでワインを添加物入りのワインを飲んだら頭が痛くなるというのはこれの化学物質過敏になっていることもあるのです。
これがビタミンにも作用するんです。
ピロ亜硫酸ナトリウムが表記されているものには要注意です。

comment closed