Home » 予防医学 » 本当は怖い添加物25 アセスルファムK(カリウム)

本当は怖い添加物25 アセスルファムK(カリウム)

カテゴリー : 予防医学(2014.5.31)

アセスルファムK(カリウム)

今回はアセスルファムK(カリウム)です。
比較的に新しい2000年に認可された添加物です。
ダイエット系の清涼飲料水やお菓子などに砂糖の代わりに添加されています。
その甘さなんと砂糖の200倍‼
ほとんどが吸収されず尿や便として排出されます。
その点ではキシリトールを摂取すると便が緩くなるということにも通じていると思います。
しかし‼肝臓障害(GPT上昇)やリンパ球が減少する現象つまり免疫力が落ちることが動物実験で判明しています。
GPT上昇ということは肝臓の細胞を壊している可能性は否定できません。

当然人間の恒常性にも影響が出ますからホルモンにも影響出ますし、脳にも悪影響があるのではないかと個人的には思います。

comment closed