Home » 予防医学 » マグネシウムについて

マグネシウムについて

カテゴリー : 予防医学(2015.2.21)

マグネシウムについて

今回はマグネシウムについて書きます。
マグネシウムはまずは有名な所でカルシウムと対になることです。
カルシウムはマグネシウムが無いと単なる害のミネラルとなります。

さてマグネシウムの役目簡単に書いていきます。
①300種類以上の酵素に関係する。
②炭水化物や脂質の代謝。
③骨形成に関係する。
④血圧の正常な維持。
⑤筋肉、心臓の正常な維持

以前からラマ接骨院でも登場していたミネラルなのでお馴染みですが、こうやって考えると生命活動に不可欠なミネラルとも言えます。
酵素や筋肉に関わるのでエネルギー代謝にも関わります。
無酸素運動においての乳酸の代謝に関わる為スタミナのミネラルとも言えます。
また便秘や冷え性にも効果が期待できます。
というのも血圧に関係する血管の弾力にも関わるので血流改善と言ったらマグネシウムです。
血流改善がなされれば当然冷え性も改善します。
まだまだご紹介しきれませんので気になる方はラマ接骨院のコンディショニングコースへ

comment closed