Home » 予防医学 » 本当は怖い添加物47 ログウッド色素

本当は怖い添加物47 ログウッド色素

カテゴリー : 予防医学(2014.7.12)

ログウッド色素

今回はログウッド色素です。
天然の素材で主に着色料として使用されています。
動物実験では血液や腎臓、染色体への影響が見られたようです。
こうやってみると天然だから安全、合成だから危険という理論が成り立たないことが分かります。
ログウッド色素の動物実験作用から見て免疫系やDNAなどに影響が出る可能性はあります。
以前は身体に良いとされていた魚ですが、水銀、カドミウムそして放射能という危険性があります。
我々は知らなければなりません。
無知であることは言い訳になりません。
自分の身体、家族の身体、友人の身体を守るには正しい知識が必要です。
そして一番本物を見分けるコツを皆様にご指導します。
それはこれにより誰が儲かっているかを考えれば論理が破たんしているかが分かります。
業界と関係の無い人間の意見は耳を傾ける価値はあると思います。
とりあえず添加物シリーズは今回で休止します。
その理由としてラマ院長が飽きたからです(笑)
また気が向いたら書きます。
次回のシリーズ及び記事もよろしくお願いします。

comment closed