Home » 未分類 » 母乳悪説に反論

母乳悪説に反論

カテゴリー : 未分類(2014.7.14)

テレビで最近母乳がビタミンDが不足しておりミルクの方が良いという意見があります。
はっきり言って全く生理学を理解していない意見としか思えません。
確かにミルクに比べてビタミンDは少ないことは事実ですが、ビタミンDは日光浴で生成できるのです。
それだけではなくビタミンDはそのままでは使えなく、活性型ビタミンDとなってやっと使えます。
日光浴は紫外線があるから問題だという意見もあります。
確かに紫外線により活性酸素が出ますが、そもそも人間にはそれらに対抗にするように身体は出来ています。
一日15分程度の日光浴なら問題になりません。
むしろしない方がリスクフルです。
さてここからは母乳の利点を書きます。
食物アレルギーの発症リスクを減らす、消化のしやすさ、口の中を健全に発達させるので虫歯になりにくい身体になる、感染症予防、乳児の精神安定などまだまだ多くの紹介しきれない利点がございます。
これらの利点を捨てて粉ミルクにするなんてナンセンスです。

comment closed