Home » 予防医学 » 腸を健康にすることが一番6 交通事故専門治療院栃木県宇都宮市ラマ接骨院(整骨院)

腸を健康にすることが一番6 交通事故専門治療院栃木県宇都宮市ラマ接骨院(整骨院)

カテゴリー : 予防医学(2013.12.10)

では今回は自律神経がどのように消化吸収に関わっているかです。
自律神経は交感神経、副交感神経に分けられます。
消化ということだけで言えば交感神経が抑制、副交感神経は
亢進(活発になるということ)に働きます。
つまり朝交感神経が優位になる時に朝ごはんをいっぱい食べることが
いかに生理学的に馬鹿げている事か分かります。
さて食道、胃、小腸、近位結腸の支配は交感神経なら内臓神経(抑制)
副交感神経なら迷走神経(亢進)です。
遠位結腸から直腸は交感神経なら下腹神経、副交感神経なら骨盤内臓
神経が関係します。
さてこれらを調節に関わるボスが視床下部です。
そうなると脳にストレスが加わると自律神経を介して腸に悪影響が出ます。
これを「脳腸相関」というらしいです。
ここでラマ接骨院の超短波療法が役に立ちます。
腹部に超短波を当てることにより骨盤内蔵神経等を刺激出来ます。
そして副交感神経を優位にでき、排便、排尿、リラックスが期待できます。
また血流がアップ出来るので冷え性改善にも役立ちます。

comment closed