Home » 未分類 » レクチンの恐怖5WGA

レクチンの恐怖5WGA

カテゴリー : 未分類(2020.4.7)

小麦胚芽凝集素(WGA)というものがあるのだがこれもレクチンの一つである。
WGAの怖い所
1 インスリンのように働き糖を脂肪細胞に入らさせる事で内分泌を乱し糖はすぐに脂肪に変換させ肥満の原因やインスリン抵抗性示すことで糖尿病の原因に
2 筋肉のエネルギーである糖を筋肉細胞に入るのを阻害し筋肉を兵糧攻めにすることで筋肉が減り逆に体脂肪は増える
3 フリーラジカルを放出する事で活性酸素増加で酸化をさせたり炎症を増やし胃粘膜を薄くする
4 たんぱく質の消化を妨害
5 他のたんぱく質と変に協力などして自己免疫をめちゃくちゃにする。これにより作られた抗体はグルテン反応で出来たものとは異なる
6 他の物質(身体に悪い物も)と結合して血液脳関門を通り抜ける事が出来て神経的な問題を引き起こす可能性
7 DNA複製を妨害
8 正常細胞、がん細胞関係無く殺す
9 アテローム性動脈硬化を促進
10 腎炎を増悪させる
11 粘膜上のシアル酸と結合してウイルスの侵入を可能にしてしまう(インフルエンザウイルスなど)
そしてWGAが多いのは全粒粉穀物なのです!!
今まで私は白い物を食べるなと言ってきましたが謝らなければなりません。
全粒粉パンはグルテンもWGAも含まれるのに対し白パングルテンのみなんです。
つまり白パンの方がマシだったんです・・・
もちろん栄養価で言うと違う意見もあるのでどちらを選択しても皆さんの自由です。
ちなみに私は実験の為レクチンを減らす食事に変えていこうと思います。

ちなみにグルコサミンが膝の痛みがある時に効くというのは腸内のWGAと結びついて害をなす前に排出することで炎症を起こさせなくさせるということです。

まだまだレクチンの話は続きます

comment closed