Home » 未分類 » 足底筋膜炎に対するアプローチ

足底筋膜炎に対するアプローチ

カテゴリー : 未分類(2019.4.24)

足底筋膜炎に対する一つの方法としてアーチの復活です。
人間の足には横アーチと縦アーチがあるのですが、アーチ不足で偏平足などの場合は面で衝撃を吸収することになります。
それが原因で足底筋に炎症が起こるわけですが改善させるためには面では無く点で衝撃を吸収すべきなのです。
それらを可能にするのが3点バランスなわけです。
実はカメラの三脚などでも分かる通りバランスは3点が一番安定するわけです。

人間においての3点とは何か?
拇趾球、小趾球、踵骨です。
つまりその骨でバランスを支える事が本来なのに筋肉の面で支えることが多くなっている為に足底筋膜炎は起こるわけです。
その原因として足にピッタリくっつくような靴の為のインソールが挙げられます。
そもそも今の靴は踵でつくように出来ていますがそれに合わせるようにインソールが出来ている為に炎症が起きてしまうわけです。
その理由として踵から歩くというのがそもそも身体に悪いわけです。
皆さん考えてください。
ジャンプした時に踵からつくでしょうか?
違いますよね?
つま先からつくはずです。
つまりそれが自然だからです。
それらを改善する方法として間違ったインソールを外すべきです。
その上で横アーチ、縦アーチを鍛えるトレーニングをすれば足底筋膜炎は治りますし、再受傷しにくい怪我とも言えます。

comment closed