Home » 予防医学 » 本当は怖い添加物19 アスパルテーム

本当は怖い添加物19 アスパルテーム

カテゴリー : 予防医学(2014.5.23)

アスパルテーム

さて今回は某ダイエット炭酸飲料やアミノ酸系に使われているアスパルテームです。
ダイエット系の清涼飲料水やお菓子、乳製品など多くの物に使われています。
何故ダイエット系に使われるというと砂糖の約200倍の甘さがあるからです。
アスパルテームはアスパラギン酸やフェニルアラニン(アミノ酸)とメチルアルコールから作られます。
元々FDA(アメリカの厚生労働省のようなもの)は使用を認めていなかったのですが、トップが変わることで1981年に認可されました。
問題はアスパルテームを作っていた製薬会社にその長官は天下ったことです。
つまりその方は製薬会社の息のかかった人間だったと思われても仕方がありません。
1981年に認可された後に不眠、視力、味覚障害などの苦情、糖尿病、脳腫瘍、白血病、リンパ腫の増加など多くの問題が研究から言われています。

日本でも1983年に認可され、利用されていますが、それを日本で作っているメーカーが某アミノ酸系のサプリを売っているところです。
こんなことが許されているのが日本です。

 

comment closed