Home » 予防医学 » 本当は怖い添加物15 赤色106号

本当は怖い添加物15 赤色106号

カテゴリー : 予防医学(2014.5.17)

赤色106号

今日は赤色106号です。
ソーセージ、桜エビ、ハム、福神漬け、焼き菓子、和菓子、洋菓子など多くの物に使われています。
特に肝臓に溜まり易く胆汁酸に濃縮されることから消化系に影響が出やすいのと遺伝子を変異させたり、染色体を切断することも知られているので発がん性の疑いはあるとも言われています。
胆汁酸は消化の補助ですが、それが消化系の臓器にこの着色料と共に移動したら?染色体を傷つけるとしたら?そう思うとゾッとします。
海外では使用は禁止されています。
日本では・・・・

私達は健康をいかに侵されているかを今一度考えるべきでしょうね。
政府を信じるか?自分自身を信じるか?は皆さんが決めることです。

comment closed