Home » 予防医学 » 過酸化脂質

過酸化脂質

カテゴリー : 予防医学(2013.6.7)

以前お話した不飽和脂肪酸ですが、細胞膜の材料になっているということを覚えていますか?実は不飽和脂肪酸は活性酸素のダメージを最も受けやすく、その影響で過酸化脂質という物質に変化します。
活性酸素により細胞膜は酸化=錆びている状態になります。
ここで先ほどの過酸化脂質に戻りますが、この状態になり細胞膜や血中コレステロール、中性脂肪、不飽和脂肪酸の由来のものを酸化するわけです。
細胞膜は細胞一つ一つにあるわけですから隣の細胞膜にも悪い影響が出ますよね?つまり酸化が広がるわけです。
揚げ物や干物、スナック類にも多く過酸化脂質が含まれているようですが、残念なことに99.5%安全な形に変化して吸収されて大丈夫だという意見もありますが、0.5%でも頻繁にとればどうでしょう?そのことを山田先生をはじめ私も危惧しております。
交通事故専門治療院栃木県宇都宮市ラマ接骨院

comment closed