Home » 予防医学 » HSPを増やす

HSPを増やす

カテゴリー : 予防医学(2015.4.25)

HSPとは

HSPをご存知でしょうか?
「ヒートショックプロテイン」のことを言います。

一時期テレビでも話題になりましたが、要するに身体の体温を上げることによりHSPが分子シャペロンとして細胞の合成、誘導、そして細胞の自爆をきちんとやってくれるようにしてくれるタンパク質と思ってください。

細胞の自爆と言いましたが、これはアポトーシスと言って一定の期間(分裂)を繰り返すと細胞は寿命を迎えます。
それをそのままにしておくわけにはいきません。
そこで身体には細胞を自分で死ぬようにプログラムされているのです。
人間が世代交代をするように細胞もまた世代交代するわけです。

そしてこのアポトーシスは安全に細胞を自ら分解するわけです。
HSPは細胞を修復もしてくれますが、無理な時にこのアポトーシスをして細胞の入れ替えをします。
それにより悪い細胞は無くなり、まともな細胞に生まれ変わるわけです。

これがHSPが身体を健康にする、美容促進するなどの簡単な理論の一つです。

他には筋肉の合成を高めたり、ガン治療などにも応用がされています。

子供、お年寄り、スポーツ選手など多くの方に安全に能力アップ、アンチエイジング、ダイエット、健康増進などを期待できるHSPです。

詳しくはラマ院長まで

comment closed