Home » 未分類 » 医者が介入したことで死を早めたケース

医者が介入したことで死を早めたケース

カテゴリー : 未分類(2020.8.11)

フィンランドでの比較試験の話です。

40~55才の心臓血管系に疾患になりやすい方を対象に実験をしたそうです。

主な対象

中性脂肪150mg/dl以上
コレステロール値270mg/dl以上
ブドウ糖摂取後の血糖値162mg/dl以上
血圧 上160以上または下95以上
肥満(標準体重の120%)
喫煙している(1日10本以上)

上記の物が1つでも当てはまる人間を対象に医師が指導し改善されるかを実験しました。

1200人の人間を2つの班に分けて1つは指導群、1つは何も指導もしないし以後は検査もしない群に分けました。

15年比較検証をした結果・・・何もしない人間の死亡46人に対し医師が介入した群は67人という医師が介入し指導した方が死亡率が46%高いという我々からすると当たり前ですが素人からすると衝撃的な結果になりました。

comment closed